奄美大島ダイビングショップ ネバーランド

奄美大島ダイビング,体験ダイビング,シュノーケル,タイドプール,観光,ダイビングライセンス

奄美大島ダイビングするならネバーランドにお任せ!


ダイビングトップ ファンダイビング 体験ダイビング  シュノーケル  ライセンス  スタッフ紹介 サイトマップ
 ダイビングメニュー
  ファンダイビング 
  体験ダイビング
  シュノーケル
  ウミガメシュノーケル
  ダイビングライセンス
  スタッフの紹介
  ショップ・アクセス
  ボートのご紹介
  ダイビングポイント
  奄美のシーズナリティ
  奄美大島について
  良くある質問
  予約状況
  ダイビング料金表
  リンク集

奄美大島のダイビングブログはこちら
海風アルバム
ホテルコーラルパームス
 奄美大島のダイビングショップ ダイブリゾート海風

〒894−0501
鹿児島県奄美市笠利町
宇宿2520番地

株式会社ネバーランド
ダイビングショップネバーランド

電話番号
海風へのお問い合わせはこちら
MAIL:info@amami-umikaze.net


 海風のツイッター  海風のフェイスブック
奄美大島ダイビング ボートポイントマップ
*ポイント名をクリックするとポイント詳細へジャンプします。
 
 
ダイビングポイント名:クスノキャニオン
 クスノキャニオン ダイビングポイント
ポイントまでの移動時間:ボートで25分
水深:最大15m
レベル:初級〜
時期:夏場に行きやすい。
見所:テーブルサンゴ大群生!地形、ウミガメ。
ウミガメ君多い 地形! テーブルサンゴ!
2016年開拓ホヤホヤのNEWポイント!
風が南風の時期にしかいけないポイント。
テーブルサンゴの群生はお見事!
地形も楽しく、ワイドに潜る奄美の海。
 
ダイビングポイント名:イーストブルー-サンゴジャングル-
 イーストブルー ダイビングポイント
ポイントまでの移動時間:ボートで10分
水深:最大5m
レベル:初級〜
時期:通年。特に夏場に行きやすい。
見所:見事なエダサンゴの群生、スズメダイ、チョウチョウウオ、白い砂地、甲殻類パラダイス
鮮やかなサンゴ礁!
 究極のいやしポイント!
 ヨコシマエビ フリソデエビ  キンチャクガニ多い! 
a
 サンゴヒメエビ スベスベサンゴヒメエビ  美しい砂地 

2015年秋に開拓したオリジナルポイント!
湾内にも、ここまで綺麗なサンゴ群生があるのか!ととても感動した、
思い入れの深いポイントです。
ずーーっと続く、サンゴの群生を泳ぎ、究極の癒し時間を楽しんでもらいます。
甲殻類も人気所が多く、マニアックなダイバーも納得さ!
 
ダイビングポイント名:みるきーサンゴ
 みるきーサンゴ ダイビングポイント
ポイントまでの移動時間:ボートで5分
水深:最大25m
レベル:初級〜
時期:通年。特に夏場に行きやすい。
見所:湾奥の生物、泥地のハゼ、タンザクハゼ、カメ、サンゴの群生
 タンザクハゼspの方! THEタンザクハゼ  居着きカメさんいるよ。 
 アカメハゼいっぱい 浅場はサンゴ!  サンゴいっぱいだ 
 スズメダイの群れ クマノミもいるよ  ウミウシもちょこっと。 
2016年初期に開発したホヤホヤのポイント!
浅場はサンゴの群生やウミガメ、ウミウシ。
深場におりるとミルキーな砂地にハゼがうじゃうじゃ!
タンザクハゼが水深25mでたくさん見れる!
マニアにとっては素晴らしいポイントなのだ!
 
ダイビングポイント名:漁礁
 漁礁 ダイビングポイント
ポイントまでの移動時間:ボートで15分
水深:最大33m
レベル:上級(Deepスペシャルティ保持orアドバンス以上)
時期:通年。だが透明度が夏は落ちやすいので
       特に北風の緩い日の秋、冬がおススメ。北風が強い日は厳しい。。
見所:キビナゴ、カンパチなど群れ!!!そして湾内でも大物が狙えるポイント。
 カンパチの群れ〜〜 エイとの遭遇に期待!  カンパチ寄せの術! 
 マダラトビエイに良く出会う! ツバメウオもいるぞ。  わくわく漁礁! 
龍郷湾内の真ん中にあるコンクリート漁礁!
水深30mにある漁礁にビックリするほどのキビナゴ大群!
それを狙ってカンパチが居着いています。
あとは運次第ですが、マダラトビエイとの遭遇に期待!
水深がずっと深い為、上級ダイバーのみご案内となります。
ダイビングポイント名:サニーパラダイス
 サニーパラダイス ダイビングポイント
ポイントまでの移動時間:ボートで20分
水深:最大18m
レベル:初級〜
時期:夏場に行きやすい。
見所:プチサンゴの群生、フィッシュウォッチング、フォト派ダイビング、癒し
主なダイビングの目的:潜り慣れてないけどウミガメみたいぞ!ゆっくり写真撮りたいぞ!など。。
花畑でおススメ被写体 良い所に乗ってるのよね 南国ならではの生物層
     
 クロユリハゼ団地! チビクマノミかわいいよ  サンゴが賑やか! 
     
 サンゴの中にダンゴオコゼ マニアック被写体も  ウミガメも良くいます 
     
 セジロクマノミ居るよ ハタタテハゼいっぱい  クマノミ多い 
のんびりゆっくり潜るサンゴの群生。時にはカメと出会える。
そんな幸せなポイント。
キホシスズメダイも群れていて、魚影も濃い中、
マクロ生物を観察します。
パラダイスの名前の通り、様々な生物が観察できるので
生物好きにはたまらないポイントですよ〜!
 
ダイビングポイント名:コーラルガーデン
 コーラルガーデン ダイビングポイント
ポイントまでの移動時間:ボートで3分
水深:最大5m
レベル:初級〜
時期:夏場に行きやすい。冬場はたまにクローズ。。
見所:サンゴの群生、フィッシュウォッチング、エビカニ
主なダイビングの目的:デバスズメダイやサンゴの癒し、甲殻類探し。
浅瀬のサンゴでのんびり。 フリソデエビ トゲツノメエビがたまに出るぞ!。
浅瀬のサンゴはチョウチョウウオが多く、フィッシュウォッチング楽しいぞ。
     
 水深28mでタンザクハゼ! 深場はチャレンジフォト派どうぞ!  奄美ではここがタンザクハゼが
一番観察しやすい所かな
 
基本は水深5mから8mに群生するユビエダハマサンゴで遊ぶ。
チョウチョウウオの種類が多く、フィッシュウォッチングを楽しんだり、
リフレッシュダイビングしつつ、魚を見て遊びます。
ガレ場には夏になると、フリソデエビが良く登場します。
7月から9月はトゲツノメエビもたまに出ます。

深場におりるコースでは、タンザクハゼが観察しやすいので、
マニアックハゼダイバーもおすすめですよ〜!
ダイビングポイント名:バベル
 バベル ダイビングポイント
ポイントまでの移動時間:ボートで10分
水深:最大25m
レベル:初級〜
時期:夏場に行きやすい。冬場はたまにクローズ。。
見所:フィッシュウォッチング、マクロ生物の豊富さ
主なダイビングの目的:アマミホシゾラフグのミステリーサークル(4月から6月)
               フォトダイブ、生物観察、マクロダイビング。
 
イソコンペイトウガニ多い。 ヒレナガネジリンボウが沢山! マニアックな甲殻類も。
     
話題のフグのミステリーサークル! 4月から初夏にかけて観察できる。 珍しいヤクシマカクレエビ
深場はマニアハゼ楽しい。 スミレナガハナダイの雌雄中間 冬からはウミウシが多い。
マクロ生物がとっても多い。 夕方はジョーフィッシュおすすめ! 夏場はハゼが楽しいよ〜!!
水深5mからなだらかに斜面が続き、水深25mまで落ちている。
深場にはマニアックなハゼが多く、水深15mまではヒレナガネジリンボウや
ヤシャハゼ、イソコンペイトウガニ、ハタタテハゼなどのマクロ生物が沢山。
フォト派を飽きさせないポイントである。

4月から6月では、奄美大島でしか観察出来ない、
アマミホシゾラフグのミステリーサークルが観察出来ます。
 
ダイビングポイント名:サンドパラダイス
サンドパラダイス ダイビングポイント
ポイントまでの移動時間:ボートで10分
水深:最大25m
レベル:初級〜
時期:夏場に行きやすい。冬場はたまにクローズ。。
見所:砂地の地形、フィッシュウォッチング、マクロ生物の豊富、甲殻類!
主なダイビングの目的:フォトダイブ、生物観察、マクロダイビング。
 ゆっくり撮れるで〜〜 ハナヒゲウツボ良くいます 夏はニシキフウライウオ!
背景がきれいで楽しい写真 シリウスベニハゼ、ずっと居てます ヒメサンゴガニなど小物メイン。
バサラーーー! ウミウシカクレエビーーー!! カゲロウカクレエビー!
小物探しがたっのしい! クリーニングも狙えるよ。 こんなんも良くみつかる。
砂地の斜面に小さなサンゴや岩が点在し、そこにマクロ生物がざくざく。。
春はオドリカクレエビ、夏はニシキフウライウオ、秋・冬場になるとコガラシエビなどが出る。
甲殻類好きやフォトダイブにもってこいのポイント。
マクロ派にとってパラダイスの様な砂地なので、サンドパラダイス!
 
ダイビングポイント名:山本スペシャル
山本スペシャル ダイビングポイント
ポイントまでの移動時間:ボートで12分
水深:最大14m
レベル:初級〜
時期:夏場に行きやすい。冬場はたまにクローズ。。
見所:フィッシュウォッチング、マクロ生物の豊富さ、クマノミ5種類
主なダイビングの目的:癒しダイビング、フォトダイブ、生物観察、マクロダイビング。
砂地の根は魚がいっぱい 奄美で見れるクマノミが全部見れる ウルトラマン顔のホヤ
ヨスジフエダイ綺麗です。 ロボコンエビなどマニアックもOK ハナヒゲウツボも居るぞ。
 時にハナヒゲ幼魚も観察できる。 ネイルに注目!   てつこと呼ばれるイソカイカムリ
 
 毎年5月に黄色ハナヒゲが出ます じっくりフォト派おすすめ!  コンペイトウが水深5m! 
 
 きれいだよ〜〜〜!! チンアナゴいっぱい!  クリーニングシーン(*´з`) 
水深10mと14mに2つ根があり、岩場にはクマノミが5種類。
1回のダイビングでは回り切れないほどに充実した生物層が人気のポイント。
ケラマハナダイが群れる根はいつまでも居たくなるような、
のんびりした時間が流れています。

マクロ生物をじっくり観察するのにもってこいのポイントです。
水深5mから被写体がうじゃうじゃなので、何回潜っても飽きないよ。
 
ダイビングポイント名:大仏サンゴ
 大仏サンゴ ダイビングポイント
ポイントまでの移動時間:ボートで15分
水深:最大18m
レベル:初級〜
時期:夏場に行きやすい。冬場はたまにクローズ。
見所:巨大コモンシコロサンゴの群生、ハナゴイの群れ、砂地の共生ハゼ
主なダイビングの目的:生物観察、フォトダイビング。
奄美の海中パワースポット! 日本最大級の巨大サンゴ  クリーナーシュリンプが居着いている
ヒレナガネジリンボウも多い。 ガラスハゼ青抜きしやすいよ。  光る貝を見たいかい?
ヤノダテハゼが夏場は出るぞ リクエストしてね、アオベニハゼ。 ハナゴイがきれいだどーーー!
日本で最大級のコモンシコロサンゴ!
大仏の頭に見える事から「大仏サンゴ」と名付けられました。
ハナゴイが群れる景観が美しい。
パワースポットとして願い事を叶えてくれるという噂も。。
砂地のハゼダイブもおすすめです。
ダイビングポイント名:ハナゴイ
 ハナゴイ ダイビングポイント
ポイントまでの移動時間:ボートで15分
水深:最大12m
レベル:初級〜
時期:夏場に行きやすい。冬場はたまにクローズ。
見所:サンゴの群生、デバスズメダイの群れ、透明度、群れ、コブシメ
主なダイビングの目的:癒し、まったりダイビング、生物観察、フォトダイビング。
群れ狙いで潜るポイント。 当たるとすげ〜〜群れに。 カマスも良く群れて居ます。
天気がいい日に最高! パラオハマサンゴも見事。。 エントリーしてすぐこの景観。
群れが良い感じよ〜♪ アカヒメジとノコギリアイ。 太陽が出てる日がおすすめ!
3月末からはコブシメ! コブシメ! コブシメ!
     
湾内で1番透明度が良いポイント。
水深3mにユビエダハマサンゴの群生、
水深10mに美しい砂地、12mにパラオハマサンゴの群生。
水深で景観が変わり、ゆっくりと水中を回って癒されるのもよし。
浅場のみでキンチャクガニやカイカムリなどのマクロ生物を見るものよし。
おススメのポイントである。
 
ダイビングポイント名:ミドリヤ
ミドリヤ ダイビングポイント
ポイントまでの移動時間:ボートで20分
水深:最大12m
レベル:初級〜
時期:秋に行きやすい。冬はクローズが多い。
見所:エビカニパラダイス。
主なダイビングの目的:甲殻類、癒し、まったりダイビング、生物観察、フォトダイビング。
根の魚は一番多い! ホワイトソックス バイオレットボクサーシュリンプ
根の魚は一番多い! このエビが・・・ クリーニングしてくれます
エビ天国と呼んでいる根があり、
びっくりする程にエビが居着いています。
人気種のバイオレットボクサーシュリンプ、ホワイトソックスも居着いている。
夏は透明度が落ちるのであまり行かないが、
秋になるとおススメのポイント!
 
ダイビングポイント名:プチフィッシュ
プチフィッシュ ダイビングポイント
ポイントまでの移動時間:ボートで13分
水深:最大8m
レベル:初級〜
時期:夏に行きやすい。冬はたまにクローズ。
見所:癒しの根と砂地。
主なダイビングの目的:癒し、まったりダイビング。

クマノミが居着く根がある。 根でひたすらのんびり。 変わり種も居ますよ。
良い所にカンザシヤドカリいるよ。 かわいいギンポも多いぞ! ゆっくり撮れるので、背景にこだわれる。
良い所に、いいやつが。 のんびり写真撮影。 水深8mでじーっと。
水深8mの砂地にポツンとある根
そこにヨスジフエダイやスカシテンジクダイが群れています。
ずーっとその根で遊ぶので、時間を気にせず写真を写せるポイント。
癒しの時間を過ごすポイントです。

背景がきれいな場所も多く、マクロのフォト派におススメです。
 
 
ダイビングポイント名:インオアシス
 インオアシス ダイビングポイント
ポイントまでの移動時間:ボートで20分
水深:最大20m
レベル:初級〜
時期:夏に行きやすい。
見所:透明度。根の魚の群れ。マクロ生物。
主なダイビングの目的:外洋の透明度、マクロ生物、魚の群れ。

水深20mのオアシス。 マクロ生物多い。。 チンアナゴ。
根のオランウータンクラブ 夏はこんな感じでぐっちゃり! ハダカハオコゼも何色もいます
ハナダイが美しい。 カメに出会えるかな〜。 根にこっそり住んでます
水深6mのリーフから水深20mにおりると美しい砂地が広がっています。
そこにポツンとある根に魚がたっぷり!!
マクロ生物も多く、群れも楽しめる素敵なポイント。
 


ダイビングポイント名:アサヒガーデン
 アサヒガーデン ダイビングポイント
ポイントまでの移動時間:ボートで25分
水深:最大24m
レベル:中級〜
時期:夏に行きやすい。
見所:透明度。根の魚の群れ。甲殻類、ちょこっと地形、マクロ生物。
主なダイビングの目的:外洋の透明度、地形、マクロ生物、魚の群れ。
アザハタが居着く根 小魚の群れ 夏場におススメのポイント。
水深6mから24mの砂地まで一気に落ちているリーフがあり、
沖に出ると根がある。
根まで少し距離がある為、中層を泳いでいく感覚が飛んでいる様。
近年あまりいかなくなったポイント。
 
ダイビングポイント名:ハーズン曽根
 ハーズン曽根 ダイビングポイント
ポイントまでの移動時間:ボートで25分
水深:最大25m
レベル:初級〜
時期:夏に行きやすい。
見所:カスミチョウチョウウオ!。
主なダイビングの目的:外洋の透明度、魚の群れ。群れの写真撮りたい。
カスミチョウチョウウオを撮るのはここがおススメ! ハタタテハゼたくさん。
トップの水深が6mで、潮当たりも強くない為、
のんびりと潜れるのが嬉しい群れのポイント。
カスミチョウチョウウオが多く群れているので、
じっくりワイド写真を撮りたい方におススメです。
夏場はキビナゴも多く、楽しいですよ〜〜
 
ダイビングポイント名:デッショ
 デッショ ダイビングポイント
ポイントまでの移動時間:ボートで30分
水深:最大40mまで
レベル:初級〜
時期:夏に行きやすい。
見所:カスミチョウチョウウオ、群れ、ディープなハゼたち、地形。
主なダイビングの目的:群れ、外洋の透明度、ハナダイ、ディープなハゼに会いたい。
カスミの群れ 深場のハナダイキレイ! メスにアタック中
水深おとすとアケボノハゼ スジクロユリハゼ。 ホシゾラワラエビ
夏場になると20m台にピグミー たまに大物がいる。 迫力ある地形だぞ
トップは水深8mのカスミチョウチョウウオが群れる根。
エントリーした瞬間、広がる景観。
ドロップオフを降りていくとスミレナガハナダイ、アカモンガラが群れている。
さらに水深を落とすと深場のハゼがたくさん。
今すぐ潜りたいポイント。
潮当たりが良い日は大物もたまに出るのだ〜〜
 
ダイビングポイント名:ヤニーシーズン
 ヤニーシーズン ダイビングポイント
ポイントまでの移動時間:ボートで20分
水深:最大20m
レベル:初級〜
時期:夏に行きやすい。
見所:癒し、地形、ソフトコーラル
主なダイビングの目的:外洋の透明度、ウミガメに会いたい、ハナゴンベ見たい。
ハナゴイが綺麗に群れています 地形もちょっと素敵! クマノミパラダイスがあるよ
アカヒメジも群れております ウミガメに会えるかも。 ハナゴンベが見やすい!
水深5mのソフトコーラルが綺麗なリーフにハナゴイとキホシスズメダイ、アカヒメジが群れ
泳いでいると気持ちいい。。
ウミガメも出会えることがあり、リーフをのんびり探索していると
クマノミが固まって暮らしている場所があり癒される。
リーフの外に出ると一面の砂地が綺麗で、崖にはハナゴンベが住み着いています。

ダイビングポイント名:うきうきラブラブ
 うきうきラブラブ ダイビングポイント
ポイントまでの移動時間:ボートで30分
水深:最大18m
レベル:初級〜
時期:夏に行きやすい。
見所:地形。
主なダイビングの目的:地形を楽しむ
トンネルあり クレパスあり アーチあり
 
地形を楽しむならここで間違いなし
地形を楽しむならもってこいのポイント。
エントリーするとすぐにトンネルがあり、進んでいくと
美しい砂地に出る。
その後はクレパスを通り、アーチを通り…
【祈りの間】と呼ばれるクレパスや【懺悔ホール】と言う場所もあり、
色々楽しめるポイントなのだ!
 
ダイビングポイント名:ギフト
 ギフト ダイビングポイント
ポイントまでの移動時間:ボートで35分
水深:最大40m
レベル:中級〜
時期:夏に行きやすい。
見所:ドロップオフ、群れ、ハナダイ、ハナゴンベ。
主なダイビングの目的:群れ、フィッシュウォッチング。
水深15mから30mまで下りている崖には
ハナゴイとハナゴンベ、スミレナガハナダイが群れている。
面白いポイントなのですが、何となくデッショにいつもいってしまい、
なかなか潜らないポイントなのである。。。
 
ダイビングポイント名:スクエア
 スクエア ダイビングポイント
ポイントまでの移動時間:ボートで20分
水深:最大12m
レベル:中級〜
時期:夏に行きやすい。
見所:地形、ガレ場で甲殻類。
主なダイビングの目的:地形を楽しむ、甲殻類探しなど。
水深10mに小さな石がたくさん落ちている広場があり、
そこでじっくり甲殻類探し。
少しコースを変えると地形も楽しめる。
 
ダイビングポイント名:サニーブレイク
 サニーブレイク ダイビングポイント
ポイントまでの移動時間:ボートで25分
水深:最大10m
レベル:中級〜
時期:夏に行きやすい。
見所:地形、サンゴ、チョウチョウウオ多い!
主なダイビングの目的:水中景観、チョウチョウウオめちゃくちゃ見たい
サンゴ礁の地形が楽しめる サンゴが多い。 大物もたまに出会う
群れもたまにである チョウチョウウオの種類がすごい! のんびり潜りましょう
サンゴ礁が作った地形を楽しみながら、ゆっくりと浅瀬を潜る。
すると目に入るのがサンゴをつつくチョウチョウウオたち。
1ダイブで20種類以上のチョウチョウウオが観察できる
ビックリポイント。生物好きにおススメ!
 
ダイビングポイント名:イエローコーラルガーデン-心で感じろ!奄美の海を、みのり-
 イエローコーラルガーデン ダイビングポイント
ポイントまでの移動時間:ボートで15分
水深:最大8m
レベル:初級〜
時期:通年行きやすい。冬場はたまにクローズ。
見所:サンゴの群生圧巻!!
主なダイビングの目的:水中景観、癒されたり。サンゴを楽しみたい。
エントリーしたらこの景色だー!!」
サンゴ礁が作る道! マクロも居るよ。 黄色い生物多い。
日本に少ないチョウチョウウオ多い ふんわりサンゴ群生 ハードコーラルもある
エントリーした瞬間からエキジットするまでサンゴの群生が圧巻!
黄色いサンゴが多く、黄色い生物が多く、ウミウシまで黄色い。
だからイエローコーラルガーデン。
美しいサンゴと、砂地を見て、奄美の海を感じてほしいです。
 
 
 
  ダイビングトップ  |  ファンダイビング  |  体験ダイビング | シュノーケル  |  ライセンスコース |ダイビング料金表
   観光コース |  宿泊施設紹介  | 水中写真  | ダイビングポイント紹介 | スタッフ&ショップ紹介 | お問合せ
奄美大島のご紹介 |ダイビングよくある質問集 | サイトマップ  | リンク集
〒894−0501  鹿児島県奄美市笠利町宇宿2520番地  ホテルコーラルパームス内
株式会社ネバーランド ダイビングショップネバーランド
TEL:0997−56−1001 FAX:0997−56−1002
MAIL:info@amami-umikaze.net